今年もそろそろ。

Image_20211229135301Image_20211229135302
[Image.jpeg][Image.jpeg] Amazonから何か届いた。 心当たりが多過ぎて何が入っているのかお楽しみ箱状態^_^ ワクワクしながら開けて見ると、F1速報総集編でした。 大きな箱には、ホンダの夢と希望が詰まってました。 今年もそろそろ終わりだなって感じる一冊です。

test

test

Rakuten UN-LIMITデビュー。

2020年4月29日に申し込みをした楽天モバイル Rakuten UN-LIMITのSIMが届きました。

 

中2日で到着なので思ったよりも早かったです。

 

対応エリアを見ても、自宅はKDDIエリアなので、サイトで語られているメリットはそれほど享受できないと思いますが、1年間無料だし、途中解約もできるしでお試しするにはいい感じと思い申し込んでみました。

 

さっそく、届いた封筒を開封するのですが、どうも紙圧が薄くビリビリになってしまい、私の前途を暗示しているかのよう。

 

Img_2498

 

 

 

中身はSIM、手順書、スマホ下取りチラシとシンプルな構成でした。

Img_2497

 

 

Rakuten UN-LIMITとしてはiPhoneやiPadはサポート外ですが、自宅にはAndroid系スマホがない・・・。

 

と、いうことで余っていた2015年発売の初代iPad Pro12.9にSIMを挿入して見ることに。

 

 

元々、iPad Pro12.9はKDDI縛りをSIMフリー化し、UQモバイルで利用していました。

 

そのため、Rakuten UN-LIMITのSIMを入れる前にUQモバイルのプロファイルを削除しました。

詳しい手順は楽天モバイルのサイトを見ながらポチポチするだけで作業完了でした。

初期設定方法(iPhone・iPad)

 

設定後、5分ぐらいは待ったでしょうか。

 

最初は圏外だったので、何か間違えたのかな?とも思ったのですが時間が解決してくれました。

Img_2500

 

 

そして、最初にやることはスピード測定。

実際には楽天モバイルの実力はどんなもんかと、BNR画像版で測定をした結果が3.09Mbpsでした。

まあ、速くはないが遅くもない感じです。

でも、この通信速度で、KDDIエリアなら月5GBを1年間無料で使えるならいいのかも。

Img_2502

 

 

 

ちなみに、UQモバイルを利用しているiPhone7の速度が9.54Mbps。

 

UQモバイルとしてはいつもどおりの速度なので平常運転です。

 

場所や時間によって速度も変わるでしょうから、Rakuten UN-LIMITが逆転する日もあるはず・・・。

Img_2503

 

 

お知らせ。

Image_20200216111001
ついにセラを手放すことになりました。 詳細はまだ決まってないのですが、これからいろいろ手続きに入る予定です。 まだまだ動くし、ホントはこのまま置いておければいいのですが^_^; [Image.jpeg]

大量買い。

Image
ダイソーに行ったら、はやぶさとこまちのブロックが売っていたので、一編成分の大人買い^_^ [Image.jpeg]

これなら戦える。

 

元々、体を動かさない生活が好きなので、ゴロゴロして過ごしていたのですが、雑誌の記事を読んでて、自分の残りHPがわかるアイテムとして紹介されてて衝動買いをしてしまいました^_^

 

 

今回購入したのは、GARMIN VIVOSMART4です。


よく、「疲れたなー、体力ゼロだよー」とか言うけど、数値化されたHPが見られるなんて、ドラクエ世代にはビビビッとくるアイテム(^_^)

サイズは、レギュラーとLサイズがあるのですが、私がLサイズを選択しました。

 

 

レギュラーならカラーバリエーションがあるので手首が細ければレギュラーサイズがいいなと思いましたが、手首の太さが18cmぐらいだとLサイズの方が余裕もあっていい感じでした。
Image2
きちんとした計測ができるかわかりませんが、腕の真ん中あたりにも巻ける余裕の長さ。
Image1_20190818133601
セットアップはスマホアプリで行うのですが、なんとなくで進めてもわかる親切設計で、アカウント作成から各項目の設定を行っても1時間あれば余裕で完了させることができました。
 

初期のセットアップ完了後から、歩数や心拍、期待していたHP残量、スマホの通知も表示されなかなか便利に使えそうなアイテムを手に入れたのでした(^_^)
 
現在の残りHPは65なので、ベギラマぐらい食らっても立っていられそうです^_^
Image3

オリンピックよりも。

Image1_20190808223301
帰りの新幹線がオリンピック仕様になっていたので記念撮影^_^ オリンピックが来ると、E4系がいなくなってしまう年なのでちょっとさみしい。

ちょっと富山に。

Image1_20190726144101
この1ヶ月で3回も富山に来てしまいました。 富山の空はすっかり夏モードです。

ちょっと富山へ。

Image1
明日の朝から富山で仕事なので、前乗りで現地入りです。 これから富山城を観光してきます^_^ サーバーラックの大きな棚板を持ち歩いている人を見かけたら、私だと思ってください^_^;

太陽光発電のモニタが圏外になったときは。

我が家の太陽光発電で使用しているパナソニック製モニタ VBPM275Cと電力検出ユニット VBPW275では、時々圏外になったまま復活せずという現象が出ています。

 

圏外の間はモニタと電力検出ユニット間でデータのやりとりができないため、モニタ上では発電量や売電量の確認はおろか、時刻表示すらできない状況になるのです。

 

そして、この現象は勝手に復活するものでもなく、取説に従って再設定をしても途中でエラーが発生し、設定が完了しないという厄介な現象です。

 

唯一直す方法は、太陽光発電のブレーカーをOFF、ONすること。

 

所謂、再起動・・・。

 

再起動中は、パワコンが265秒ぐらいからカウントダウンを始めるので、パワコンのほうが壊れないかと少々ドキドキします(^_^;)

 

しばらくすると、電力検出ユニット側のほうが起動が速いため、パワコンのカウントダウンが終わる前にはモニタ上で圏外が解消され、電波の強度や時刻が表示されれば対処完了。

 

根本的な原因は不明ですが、太陽光発電機器達も時々疲れて仕事を放棄したくなるのでしょう。

 

壊れなければいいです、壊れなければ。

 

 

 

 

«群馬県社会福祉総合センター君。