« 太陽光発電 第16話 東京電力からの手紙 | トップページ | 桜を求めて西へ東へ »

太陽光発電 第17話 東京電力との連係

ついに今日という日がやってきました。。太陽光発電導入検討開始から2ヶ月。2ヶ月が世間一般的に長いのか短いのかよく分かりませんが、ついに本日、東京電力との連係作業にであります(^o^)丿

連係・・・東京電力の電線に我が家で発電した電気を送り出す事ができる事です。我が家から送り出された電気は隣家や向かいの家で使用されるのです。すごいですね。。

さて、今日は金曜日。通常であれば有休をとって連係作業に立ち会いたかったのですが、週末で月末で年度末な3月31日(金)のため有休をとる余裕がまったく無く、全ては奥様にゆだねるのでした。。

10時からの連係作業を前に東日本メディコム、北原設備の関係者が9時30分ごろ我が家に集結。連係作業の準備を開始します。
B0054

10時に東京電力の担当者が到着。早速、買電メータと売電メータの動作を確認。
B0055

室内に入りパワーコンディショナーの接続関係のチェックを北原設備と東京電力で行います。
B0056

パワーコンディショナーのブレーカの電力か電流か電圧のどれかかを測定中。詳細は不明です(^^ゞ
B0057

そして、すべての確認が取れ、パワーコンディショナーのスイッチが入れられました(^o^)丿
B0058

発電開始直後のコントロールパネルの写真です。リアルタイムな発電量が1.0kw。まだ積算発電量は0のままですね。。車で言えばODOメータが0って事でしょうか。。
B0059

その後、雲で太陽がかげると発電量が落ち、雲がなくなると発電量が3.0kwを超えるといった事が確認できてきちんと発電しているようでした。。

これで、めでたく我が家の発電生活がスタートです。。ちなみにこのまま日が沈むまでの間に20.1kwを発電する事ができました。。いやー、無事に発電できて良かったであります(^o^)丿

さて、この日は連係作業とあわせて、北原設備に映らなくなってしまったBS放送の原因究明をする上でBSアンテナの状態を見てもらう事になっていました。結果から申しますと、BS/CS110度アンテナのねじが緩み、アンテナがずれていたそうです(^^ゞ

BS/CS110度アンテナは私が取り付けましたので、ねじ締めが甘い上に最近の強風で緩んでしまってアンテナが動いてしまったのでしょう・・・。

原因がわかったところで、親切にも北原設備の皆様はBSが映るようにアンテナ位置を調整。さらにUHFアンテナも微調整してくれて地デジの映りも調整。感謝です。

が、BS/CS110度アンテナとUHFアンテナを調整後、今まで問題なかったスカパーがまったく映らなくなってしまったのです・・・(-_-;)どうやら他のアンテナ調整時にスカパーのアンテナの向きがずれてしまった様子・・・。

しかし、どう調整してもスカパーが映らないということで、チューナーをリセットしてみたり、ソニーのお客様センターに電話したりといろいろ試行錯誤した結果、なんとか無事に映るようになったそうです。

このあたりは仕事中に電話でやり取りしていたので詳細はわかりませんが、「なんとかがんばった結果映りました」的な努力が電話から伝わってきたので○。本当にどうもありがとうございました、北原設備の皆さん(^o^)丿

« 太陽光発電 第16話 東京電力からの手紙 | トップページ | 桜を求めて西へ東へ »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電 第17話 東京電力との連係:

» 電気料金の契約で節約暮し [節約暮し研究所]
月々支払っている電気料金の内訳ってご存じですか? 参考に東京電力の料金内訳を見てみました。 [続きを読む]

« 太陽光発電 第16話 東京電力からの手紙 | トップページ | 桜を求めて西へ東へ »