« 犬の注射と無駄吠え対策 | トップページ | 太陽光発電 第11話 太陽光発電パネルの設置です。 »

太陽光発電 第10話 工事初日はエコキュート

今日の工事予定は、エコキュート周りの工事が中心です。ガスの給湯器やボンベはずし、配管等も撤去する工事であります。
午前8時30分から工事をスタートするということで、午前8時に北原設備という工事担当者の4名が来訪。早速、エコキュートをトラックから降ろしました。

で、でかい・・・。370Lの薄型タンクですが、かなり威圧感があります。聞くところによるとカラの状態で150kg、水が入ると500kgにもなるそうです。。
B0022

エコキュートのタンクを降ろし終わると同時に、電気工事業者3名が到着。で、一同驚く。なぜ驚いたかというと、通常電気工事は時間をずらして午後に来て工事をするはずだそうです。午前9時に来るなんてかなり想定外だそうで・・・。電気工事をされている間はエコキュートの工事もできませんからね。。

でも、来てしまったものはしょうがないので、電気工事から先に作業を依頼。
今日の電気工事は・・・、
1.電柱からの引込み線を容量の高いものに交換します。
2.オール電化契約に対応できるように電気メータを円盤式のアナログ式からデジタル式のものに交換します。
3.室内ブレーカーを50A(今まで使用していたもの)から60Aに交換します。
これらの工事をすることでオール電化時の電気使用量に耐えられ、太陽光発電の余剰電気を売電できる準備が完了します(^o^)丿

さて、電気工事をしてもらおうとしたときに、また一同驚く。
なんと、電気メータ(デジタル式)を忘れてきたとのこと(-_-;)
・・・、おいおい、何のための電気工事屋なんだYo!!
「電気メータが無いので工事は、13日でもいいですか?」の申し出に、東日本メディコム&北原設備は大変激怒し、電気工事業者はそそくさと電気メータ(デジタル式)を取りに行くことになりました・・・。
あたりまえですよね・・・。
東京電力や関電工ももうちょっと地域の電気業者の選定をしっかりすればいいのにね~・・・。

とりあえず電気工事業者の残ったメンバーで、1の作業を進めていきます。
B0023

そのころ、北原設備のメンバーはエコキュートタンクを担いで裏の設置場所へ。。
B0024

コンクリブロックを置いた上に、エコキュートタンクを設置。隣家の境目となるブロック塀との隙間はわずか10cm。もう人の通り抜けは不可能ですね(^^ゞ手前に映っているのは役目を終えようとしているガスメーターとプロパンガスたち・・・。
B0025

そして、ヒートポンプユニットも設置完了。ちょっと大きめなクーラーの室外機のようです。
B0026

ここまで、設置したときに電気工事業者が電気メータ(デジタル式)を持って戻ってきました(^o^)丿引込み線の工事も終わり、電気メータ(デジタル式)を交換。室内ブレーカーも60Aに交換し電気工事は終了。
電気メータさえあれば30分で終わる作業を2時間かけてやり抜くその姿勢に、
「必要な電気メータぐらいちゃんと持って来い!!」
と、の思いを目で訴えていました(^^ゞ

さて、電気工事も終わったので、その後の北原設備の作業は順調そのもの。。
寂しく横たわる役目を終えたガス給湯器・・・。ご苦労様でした。。
B0036

コントローラをガス給湯器のものからエコキュートのものに変更します。
B0027

太陽光発電のパワーコンディショナーを設置。
B0028

太陽光発電のコントローラも設置。
B0029

太陽光発電のブレーカも設置。このブレーカが東京電力との買電、売電の境目です。
このブレーカをOFFにしてパワーコンディショナーの電源をONにすると自立発電モードになり、まさに自給自足のエネルギーを手に入れることになります。ただ、太陽光だけの発電では、電気は不安定のため(急に曇ったりしたら電気不足に陥る)ため、自立発電モードはあくまで非常時時にだけ使用する必要があります。
B0030

これらの機器を設置するにあたり、北原設備を苦しめたのが2×4工法という住宅。私の家は2×4工法のため配線もひと苦労・・・。2×4工法の1階には天井裏というものがないため配線は必ず床下を通ります。天井近くに取り付けるパワーコンディショナーや太陽光発電用ブレーカの配線はすべて壁内を通じて床下をとおり別の機器と接続されています。配線を壁内に通さずにモール等で処理する業者もありそうなのですが、きっちりいい仕事をしていただいて頭が下がる思いです。。
B0031 B0032

室内の配線作業も全て終わり、エコキュートの電源ON!!無事に動き出しました(^o^)丿ただ、現在タンク内は空っぽなので、これからお湯を沸かしてタンクに貯水するそうです。と、言うことで満水になるまでしばしおあずけ。。

休憩を挟み、明日の太陽光発電パネル設置のために屋根に架台を固定するための金具を取り付けます。
B0033

屋根に金具を固定し、ねじ穴をコーティングし雨水の浸入を防ぎます。しかも、毛細管現象で屋根材の縁から微妙に雨水を吸い上げる可能性があるということで縁もコーティング。雨漏りと聞いてちょっとドキッとしたのですが、実際には雨漏りも起こったことは無いそうなので一安心。。
B0034

ここまでやって本日の作業は終了です。作業時間7時間でした。明日はいよいよ太陽光パネルの設置です。う~ん、楽しみ。。

この日の夜は、エコキュートがまだ満水でないためお風呂にお湯がためられず、莉央ちゃんはお湯の量が少しで済むベビーバスを使って入浴。。1年ぶりぐらいに使ったベビーバスでしたがいかがだったでしょうかね。。
B0035

« 犬の注射と無駄吠え対策 | トップページ | 太陽光発電 第11話 太陽光発電パネルの設置です。 »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電 第10話 工事初日はエコキュート:

« 犬の注射と無駄吠え対策 | トップページ | 太陽光発電 第11話 太陽光発電パネルの設置です。 »