« PMP試験、その後。 | トップページ | 超合金 仮面ライダー電王。 »

ソーラーチャージエコストラップを試してみました。

ソーラーチャージエコストラップの実力を測るべく、外に連れ出してみました。。

通勤時の駅まで歩く途中に、朝日にソーラーパネル部分を向けると、さっそく充電を表す赤いLEDがつき始めました。
おお、こんなに簡単に発電が開始するなんて、ちょっとビックリです。。
発電しているかしていないかのLEDしかないため、どのくらい発電しているのかワカリマセンが、これはかなり期待できそうです。。

でも充電が始まったら満足かというと、そういうわけでもなくいろいろ実験をしてみました。

その1 影を作る。
太陽光をさえぎるように手でソーラーパネルに影を作ります。
→LEDの光り方が弱くなるが、発電はしているらしい。

その2 完全に太陽光をさえぎる。
ソーラーパネルに手をぴったりくっつけ、光が当たらないようにする。
→発電せず。そりゃそうだ(^^ゞ

その3 駅の中ではどうでしょう。
太陽光が届かない建物の中で確認してみる。
→太陽光が無いと×。籠原駅改札近くの窓際なら発電していました。

その4 E231系の電車の中だとどうでしょう。
電車の中でぽかぽか太陽を浴びながら確認してみる。
→ほとんどLEDが光らず。
 太陽光があたっているのに発電しないのは、
 E231系の窓にUVカット加工がされているため?

その5 蛍光灯では発電するのかな?
→発電しませんでした。。

ところでひとつ考えたのは、いったい私はいつソーラーチャージエコストラップを充電すればよいのでしょうか?ということ。

説明書には6時間でフル充電するとありますが、6時間も太陽光の下で活動する機会が無いことに改めて気がつきました(^^ゞ

仕事で外に出たとしても、ソーラーチャージエコストラップを太陽の方向に向けて持ちながら、歩く時間はそうそう無いよなぁ(^^ゞ

こりゃ、がんばって充電しないと電池が満タンになるまでに相当時間がかかりそうです。。

« PMP試験、その後。 | トップページ | 超合金 仮面ライダー電王。 »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーチャージエコストラップを試してみました。:

» ソーラーパネルで進化する省エネ [ソーラーパネルで進化する省エネ]
ソーラーパネルより太陽光発電という言葉の方が省エネ全体を表していますが、シャープや京セラも進化しているようです。余裕ならソーラーパネルとエコキュートも考えたい方にも見て欲しい情報を掲載中です。 [続きを読む]

« PMP試験、その後。 | トップページ | 超合金 仮面ライダー電王。 »