« 08年7月の発電量が確定しました。。 | トップページ | 自転車置き場のバージョンアップ。 »

Windowsの不思議発見。

Windowsサーバの設定をしていて、久しぶりに「へぇ~」という事を発見しました。

その1 ドライブレターの不思議
あらかじめ、ネットワークドライブでXドライブを指定している状態で、ローカルHDDのDドライブなどのドライブレターをXドライブに変更し、再起動をするとXドライブのアイコンがネットワークドライブのアイコンの状態になってしまう。
でも、Xドライブを開くとローカルHDDの内容が表示されるのです・・・。
もともとあったXドライブとして設定していたネットワークドライブは行方不明になってしまうのでした。。

その2 共有フォルダの設定情報の不思議
もともとDドライブで共有フォルダの設定をしていたフォルダをXドライブにコピーすると、Xドライブでは共有がされていない状態でコピーされます。
その後、XドライブのドライブレターをDドライブに変更すると共有フォルダの設定が復活するのでした。
どうやら共有フォルダの設定情報はレジストリに書き込まれていて、同じフォルダ体系を維持していれば、後からドライブレターを変更しても適用してくれるらしい・・・。

まだまだ、知らないことがたくさんあるWindowsなのでした。

« 08年7月の発電量が確定しました。。 | トップページ | 自転車置き場のバージョンアップ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsの不思議発見。:

« 08年7月の発電量が確定しました。。 | トップページ | 自転車置き場のバージョンアップ。 »