« 夏のように暑い日。 | トップページ | 自転車置き場Ver3。 »

春らしい庭の手入れ。

庭の芝生も冬を超え、ところどころ緑色に色づいてきましたが、枯れた芝生が散らばっていて見た目がよろしくない。。
と、いうことで一度やってみたかった、芝焼きに挑戦してみました。。

芝を焼くためには火をつけなくてはなりません。
ライターで火をつけても良かったのですが、どうせならしっかり焼きこみたかったためジョイフルホンダで新富士バーナーのGT-50Eというガスバーナーを購入してきました。。
ちなみにAmazonだと3,689円でしたがジョイフルホンダだと2,780円とお買い得でありました。。


さて、芝焼きの準備としてまずは枯芝を掘り起こすところからスタートです。。

竹でできた熊手を使い地道に枯芝を掘り起こしていたら、力を入れすぎたのか熊手が壊れてしまいました・・・。
3年前ぐらいに購入した熊手なので、竹が傷んで弱くなっていたのでしょう。
もう、絶対何をしても直らないぐらいに熊手が壊れてしまったので、ちょっと途方にくれてしまいましたが、めんどくさくなったので枯芝を掘り起こすのはやめて焼きこみを開始することにしました(^^ゞ

まずはガスバーナーの準備です。
専用ガスボンベをガスバーナー本体に取り付けます。ネジ式になっているので簡単に取り付けられます。。
専用ガスボンベの内容物を見る限りでは、使用するのに専用ガスボンベでなくてもよい気がします。
実際にはやってませんが鍋のときに使うガスボンベでも使えるかもしれません。
そのほうがコストパフォーマンスがいいと思います。
B0927

火をつけるのも電子式ということで、チャッカマンをつけるぐらいのらくらく気分で点火。
シューとガスの出ている音がしてガボッっという音で炎が上がると、なかなか興奮しますね(^^ゞ

風向きを考え風上から芝生に火をつけていくと、おもしろいように枯芝に火が燃え広がります。。
これは楽しい!!

1時間ぐらい火遊びをして庭を焦がし終えたのがこんな感じです。
枯芝を掘り起こしたところはきれいに焼けるのですが、埋もれているところは火が燃え広がりづらいため焼きが足りない状態となりました。
B0928

やっぱり、レーキや熊手できちんと枯芝を掘り起こしてから焼かないとダメなようです。
来週にでも新しいレーキを購入してこようかと思います。。

その後、仕上げとして庭全体に水をまいて消火活動を実施。
芝焼きで家まで燃えたら笑えないですから、消化はしっかりと行いました(^^ゞ


« 夏のように暑い日。 | トップページ | 自転車置き場Ver3。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春らしい庭の手入れ。:

« 夏のように暑い日。 | トップページ | 自転車置き場Ver3。 »