« Internet Explorer8の不思議にはまる。 | トップページ | 通りすがりで仮面ライダー。 »

超の意味がわかりました。

超・仮面ライダー電王&ディケイドを熊谷のワーナーマイカルシネマズで見てきました(^o^)丿

到着したら開始10分前。
奥様とお嬢様とともに大忙しで窓口に。。

今回も前売り券のため窓口で空いている席を確認すると、意外と満席に近いようでど真ん中席の確保はできず。
それでも、中段あたりの席を確保し「いざ、劇場内へ!!」と乗り込もうとしたらお宝発見。。

なんと、電王タンブラーですよ。
ジュースMサイズ300円がこの電王タンブラーに入るだけで700円の商品にハヤガワリ。
迷わずレジに並んで購入してしまいました。。
B1029

さて、映画のほうはといえばマンネリ化するどころか、どこまでもパワーアップしているようなおもしろさでありました。。
絶妙な感じでテレビ版ディケイドと連携していたのは、さすがといったところ。。(ストーリー的にも商業的にもw)

最初の説明パートではいったいどうなるのかと思ったのですが、物語が進むと会場のあちらこちらから笑い声が。。
電王好きの人にはたまらないツボを押さえながら物語は進みます。

鬼ヶ島の戦艦というサブタイトルなので、モモタロスが主役であろうということを、いい意味で裏切ってくれました。。

なんとなく今までの映画シリーズと違って、「最初からデネブがよく出てくるなぁ~。」って思っていたら、最後は「なるほどそういうことだったのね。」という納得感があるエンディング。
とってもすてきなお話でした。。

今回の超・電王での気がついたところはこんな感じ。
・エピソード0的なお話であり、信頼しあえるゼロ組が最高であります。
・モモをはじめとするキャラが期待通りでうれしかったです。
・超クライマックスフォームの高岩さんの演技はものすごくすばらしい。。
・ディケイド&ディエンド・・・いらない子だったかも。
・New電王ストライクフォームが雑魚には強いがボスには弱い。もう少し強さをアピールできればいいのに。
・ソードフォームのライダーキックが初登場。ウラとは違ったかっこよさがありました。
・小太郎とコハナちゃんが少し大人になっていました。。

・ウィングフォームの状態でクライマックスになろうとすると超クライマックスフォームになるの??(体が小さくイマジン多めで今まで以上に狭いでしょうに・・・。)
・戦艦戦のときのデンライナーの動力は、やっぱりオーナー??
・侑斗はデネブとの付き合いが長いのに、いままでこの話題では会話していなかったのかしら??

う~む、書き出したらきりがない。

こんな素敵な映画を2回も見られた奥様やお嬢様がうらやましいです。
2分に1回は笑っているか、ツッコミを入れられるぐらい楽しいですね。

もう、電王の辞書に”つまらない映画”なんて言葉やないんでしょう、きっと(^^ゞ

今回もDVDが出たらまたまた確実に購入しますから、みごとに東映に釣られてしまいました。

« Internet Explorer8の不思議にはまる。 | トップページ | 通りすがりで仮面ライダー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超の意味がわかりました。:

« Internet Explorer8の不思議にはまる。 | トップページ | 通りすがりで仮面ライダー。 »