« Nから始まるのが条件だったのかな? | トップページ | 夏の旅行大検討会。 »

Episode Blueの主役はおばあちゃんかも。

熊谷サティにあるワーナーマイカルシネマズに「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー 派遣イマジンはNEWトラル」を見にお嬢様とお出かけしてきました。。

ゼロノス編のEpisode Redはしっとりとした雰囲気の映画だったのですが、こちらのNEW電王編のEpisode Blueは派手な笑い、かなり涙、気持ちがスカッとするアクションが詰め込まれていて、かなり楽しかったです。。

特に涙については、完全に泣かすための王道ストーリーが組まれており、ラストが近づくにつれ、幸太郎&テディ、美来ちゃん&おばあちゃん、エンディング後にあるおばあちゃんからの手紙、そして風鈴の音・・・など、すべて泣けるように仕込まれていました(^^ゞ

幸太郎&テディなんて、最初出てきた「さらば電王」ときは、幸太郎の演技に慣れず、ちょっとデザインが素敵な電王・・・ぐらいにしか思っていなかったのですが、登場を重ねるうちに、親しみがわいてきて泣けるぐらいまで好きになっていたようです。。

幸太郎とテディが、こんなすごい絆で結ばれているのがわかったら、泣かないわけがない(^^ゞ

驚いたことに5歳児のお嬢様も、幸太郎&テディコンビの魅力にやられてしまったようで、テディが砂になって消えてしまうシーンで涙を流しておりました。。

さすがに、大声で泣いてはいけないのはわかっていたらしく、泣き声はできるだけ出さないようにがんばっていたのがかわいかったです。。
映画を見て泣けるなんて、お嬢様も精神的に成長しているんだなぁと思うのでした。。

できればもう1回、映画館に見にいきたいと本気で思うほど、できの良い電王映画でした。
そのときは、もちろん一人で周りを気にせず思いっきり見たいです。。

B1392

« Nから始まるのが条件だったのかな? | トップページ | 夏の旅行大検討会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Episode Blueの主役はおばあちゃんかも。:

« Nから始まるのが条件だったのかな? | トップページ | 夏の旅行大検討会。 »