« エコキュートがお漏らししてます。 | トップページ | 運転免許の更新。 »

エコキュート、修理できず。

エコキュートのお漏らし修理のために、ダイキンの人にきてもらったところ、今利用しているTU37EFTVはツインタンクであり、2個のタンクをつないでいるパイプから漏水しているとのことでした。
 
修理は、そのパイプの交換や応急処置的に漏水箇所を埋める等があるとのことでしたが、設置場所が致命的に狭いため、修理できずとなってしまいました。

エコキュートのタンクと家の壁の隙間に手が入らないので、タンクのパネルが外せないそうです(-_-;)


Img_6509

  
2006年設置当時、狭い場所に無理矢理設置してもらったのが原因です。

エコキュートの設置場所は、きちんと考えておかないといけませんね。
 
 
ダイキンの人曰く、修理をするスペースにタンクを移動させれば作業可能なため、販売店に依頼し、取り外しと再設置の見積もりを取ってくださいとのことでしたが、ホンネトークとしては、12年たつ機械ものだから、今回修理しても他が壊れるかも。

再設置のときに再利用できない部品に関しては、新品に交換されるだろうけど、次も取り外しが必要な修理が発生したら、とっても残念なことになる。
 
 
うむ、確かに、そのとおりだと思います(^_^;)
 
 
いっそのころ、エコキュートのリプレースも検討しなければいけないかも。

機器代も最近は安くなっているはずだし。

設置場所も、メンテしやすいところに移設したりしないと。
 
 
とりあえず、ダイキンの人には修理見積もりを依頼し作業完了。

作業完了証明書はこんな感じで書かれていました。

-----
タンクユニット内、接続パイプ腐食により漏水発生。接続パイプ他腐食は移管の交換を要します。
サービススペース確保のため、部品交換にはタンクユニット本体の脱着を要します。脱着に関しては販売店様へご相談願います。
-----

今回は、手が入らないので修理できずと言う理由にしてくれて、作業費と出張費はゼロ円になりました。

時間を使ってくれたのに、申し訳ないけど、ありがたいです。

Img_6514

とりあえず、ダイキンの人が帰った後に、販売店に連絡し、取り外しとリプレースの見積もりのための打ち合わせを依頼しておきました。
 
 
販売店の人曰く、今年の寒さで配管凍結し、漏水が発生したのかもとのことでした。

他家でも同じように取り外しての修理事例があり、修理費が新品購入と同じぐらいかかる見積もりになったと聞くと、やっぱりリプレースしたほうがよいのかもと悩むのでした(-_-;)


続く。

« エコキュートがお漏らししてます。 | トップページ | 運転免許の更新。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事