« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

群馬県社会福祉総合センター君。

SDGsのことを学びに群馬県社会福祉総合センターまでやってきました。

 

到着して見上げたビルは、ニカッと笑ってました^_^

 

本題のSDGsに関しては、ゲームを通じて世の中の成り立ちを理解でき面白かったです。

 

SDGsに関しては、まだ語れるほど身についてないので、もう少し学習しないと。

 

それにしても、群馬県社会福祉総合センターの壁面が、ロボット顔に見えてしょうがない(^_^;)

Img_0905

トーンモバイルの解約は23ヶ月と1日目以降に。

お嬢様用に2017年5月に契約していたTone Mobileを解約しました。

 

当初はMDMの機能を使っていろいろ制御かけ、中学生の欲望にまみれたお嬢様の暴走を止めたり、私の興味本位で遊んでみたりと、トーンファミリーを使うことで端末制限や管理を楽に使うことができました。

でも、半年ぐらい前に端末を落とし、画面を割ってしまってからは、トーンモバイルの利用をやめ、お嬢様には私の余っていたガラケーを使ってもらい、電話やメールのやりとりをしていたのでした。

 

その間、壊れたTONE m15は電源も入れずに引き出しの中で眠っていました。

と、言うのも、修理やToneモバイル内で新機種に買い換えても良かったのですが、そろそろ高校生になるコトを考えると、2台目の機種は普通のスマホにしようかなとも思い、かといって不要だからと即解約しようとすると解約金9,800円がかかるし。

 

では、一体いつなら解約金がかからないのかをサポートサイトで調べてみると、「24ヶ月の最低利用期間内の解約には違約金が発生いたします。」と書いてあるのは見つけていましたが・・・。

 

うむ、わかった。

で、私の場合はいつなんですか?

会員情報のページを見ると、2019年4月7日現在、こんな表示になっていました。

 課金開始日:2017年05月28日

 サービス利用年数:1年11ヶ月目

「24ヶ月の最低利用期間内の解約には」ってことだから、2019年4月に解約してしまうと23ヶ月目だから違約金が発生する?

この日からこの日までなら解約金はかかりませんよ的な表記もない。

いろいろ見ましたが、どうもはっきりしなかったので、サポートに電話して問い合わせをして見ることにしました。

 

電話して待つこと20分・・・。

 

私「解約したくて、これこれ、こうで・・・」

ト「2017年5月契約だから、2019年4月に解約手続きしても大丈夫です」

私「それは、2019年4月の利用が23ヶ月と○日目となり、4月末まで使うと24ヶ月と0日目になるから?」

ト「Yes!!」

 

その他、細かいやりとりを経て、24ヶ月目であれば解約金が不要であることが確認できたのです。

そして、「この電話で解約処理をすることもできるよ」と言われたので、そのままお願いしました。

 

解約に関してサポートのひとからいくつか言われたのが下記のとおり。

・4月分の請求は5月に発生します。※カード会社からの請求は6月?

・SMSオプションの請求は翌々月になるので、4月に1通送っていれば、6月に5円の請求が出ます。

・4月末解約になるが、5月に入っても少しの間はSMSが使えてしまう。

 その場合は7月にSMS利用金額の請求が出ます。

・トーンファミリーのMDMで制限した端末の設定は解約日までに解除してください。

 それ以降は解除設定ができません。

・解約日以降にSIMカードをサポートサイトに記載された住所に送ってください。

 

こうして、トーンモバイルの解約申し込みが完了しました。

 

あとは、4月中にMDMの設定を解除して、5月になったらSIMカードを送るだけです(^_^)v

 

 

熊谷も満開。

熊谷の荒川土手まで散歩してきました。

飲めや歌えの花見会場を抜け、静かなところに移動すると、まだ散り始めてないからか、かなりボリュームのある桜の花を目の前で見ることができました。

 

帰りはから揚げ買って、モグモグしながら楽しい花見をしてきたのでした。

 

Img_8843

ちょっと、お台場に。

お台場観光のついでに仕事してたら夜になってました。

 

でも、夜景と桜で得した気分^_^

 

Img_0810

上野の桜。

ちょっと上野までやってきたので、桜の具合はどうかなと見に行ったら、見事な咲きっぷり。

 

そして、桜にしたにはビニールシート、朝から飲む人、場所取りらしく、おとなしく座っている人、寝ている人・・・。

花見の場所取りって、都市伝説かと思っていたけど本当にあるんですね、知りませんでした(^_^;)

 

Img_8809

 

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »